JATについて

貧困に関連する諸問題解決に向けて活動しています。

ごあいさつ

みなさん、こんにちは。ジャパンアフリカトラストは、ケニアをはじめとする東アフリカの農業支援を通じて、貧困問題の解決に取り組む国際NGOです。アフリカは後進国ですが、豊かな自然とホスピタリティあふれる人々に囲まれ、先進国では失われつつある人間としての豊かさを感じることができます。ウガンダ、ケニア、ソマリア、スーダン、タンザニアなど東アフリカの角の現地NGOとネットワークし、国際協力・支援、先進国からの技術協力、貧困に関わる諸問題の解決に取り組んでいます。
 アフリカ人だけでなく、医療、食品、国際協力、教育など異業種のスタッフによって設立され、異なる分野の経験や知識を持ち寄って社会問題に取り組んでいます。
 国際協力の使命は、貧困地域への開発援助と、日本の平和と繁栄のために行うことです。私たちは、海外での活動や交流を通じて、日本のさらなる国際化を目指しています。
現在活動していません。

JAT役員

理事長

北瀨尚之

大手商社などを経て、(株)おとうふ工房いしかわ常務取締役。

理事

本田直輝

1974年 愛知出身。名古屋大学大学院修了。大手企業に7年在籍し独立。語学教室経営の傍ら、国際協力や国際理解などをライフワークとして取り組む。HH&H Japan 代表、その他、名古屋イングリッシュアカデミーグローバルボイスオンライングローバルボイス英会話HH JapaNeeds, JAT図書館プロジェクト掲載光村図書。著書に「ストレスフリーライフ」など。

ケニアスタッフ

Daniel Menge

ケニア・ナイロビ出身。

団体概要

団体名

特定非営利活動法人ジャパンアフリカトラスト Japan Africa Trust Inc.

事務局所在地

施設事務所: 名古屋市中区栄3丁目18

電話FAX

052-710-7479

メールアドレス

info@jat-jp.org

設立

2011年4月1日

事業内容

日本の国際化推進に向けたプロジェクト
東アフリカの貧困改善を目的とした国際協力プロジェクト
1. ケニア国カカメガ市における貧困農村地域に対する農業技術支援プロジェクト
2. マイクロ・エンパワーメント・プロジェクト
3. アフリカの緑化を推進する「シェアグリーンプロジェクト
4、日本における国際化推進のための国際理解教育プロジェクト
5、DAIZUKIZケニア

概要

 ジャパンアフリカトラストは、アフリカでの国際協力を支援するために設立されたNGO/NPOです。ケニアのカカメガに現地カウンターパート事務所を持ち、新しい活動の流れを作り出しています。マイクロ・エンパワーメント、トマト栽培の技術支援、国際理解教育、インターンシップ、学校教育、医療支援などのプロジェクトを行っています。大豆栽培支援では、日本とケニアの大同キッズが同日にプログラムを実施しています。
The Japan Africa Trust is an NGO/NPO established to support international cooperation in Africa. It has a local counterpart office in Kakamega, Kenya and is creating a new stream of activities. Our projects include micro-empowerment, technical support for tomato cultivation, education for international understanding, internships, school education, and medical support. In the soybean cultivation support, Daido Kids in Japan and Kenya are implementing the program on the same day.

協力

だいずきっず、ヘルピングハンズ