JATについて

貧困に関連する諸問題解決に向けて活動しています。

ごあいさつ

みなさん、こんにちは。ジャパンアフリカトラストは東アフリカ、特にケニアで農業支援を通し貧困問題に取り組む国際NGOです。アフリカは開発はされていませんが、豊かな自然に囲まれ、ホスピタリティーあふれる人々など、先進国で失いかけている人間味あふれる豊かさを感じられる地域でもあります。我々は、東アフリカの角と呼ばれる地域、ウガンダ・ケニア・ソマリア・スーダン・タンザニアなどで国際協力・支援する為、現地地域のNGOとネットワークを形成し、先進国からの技術協力を円滑化させ、貧困に関連する諸問題解決に向けて活動しています。
 私たちは、医療・食品・国際協力・教育などの異業種で活躍するスタッフとアフリカ人で設立され、異分野同士の経験・知識をあわせて社会的問題に取り組んでいます。
 国際協力事業の使命は、貧困地の開発援助と同時に、日本のさらなる平和と繁栄です。海外での活動や交流により、日本のさらなる国際化の推進を目指しています。

JAT役員

理事長

北瀨尚之

大手外資系商社などを経て、(株)おとうふ工房いしかわ常務取締役。ジャパンアフリカトラスト理事長。

理事

本田直輝

食品会社勤務などを経て、NPO法人ヘルピングハンズ代表、名古屋イングリッシュアカデミー代表。

ケニアスタッフ

Daniel Menge

ケニア・ナイロビ出身。

団体概要

団体名

特定非営利活動法人ジャパンアフリカトラスト Japan Africa Trust Inc.

事務局所在地

施設事務所: 名古屋市中区栄3丁目18

電話FAX

052-710-7479

メールアドレス

info@jat-jp.org

設立

2011年4月1日

事業内容

・日本の国際化を推進する事を目的とした事業
・東アフリカの貧困改善を目的とした国際協力事業
1、ケニアカカメガ群の貧困農村地区の農業技術支援事業
2、マイクロエンパワメント事業
3、アフリカの緑化推進シェアグリーンプロジェクト事業
4、日本の国際化を推進する国際理解教育事業国際化
5、だいずきっずケニア

概要

 ジャパンアフリカトラストは、アフリカで国際協力支援する為に設立されたNGO/NPOです。アフリカケニアのカカメガに現地カウンターパート事務所を置き、新しい流れを作る活動をしています。事業としてマイクロエンパワメント・トマト農業技術支援・国際理解教育・インターンシップ・学校教育・医療支援などを推進しています。大豆農業支援では日本とケニアのだいずきっずが同日開催で実施しています。
 
  Japan Africa Trust is NGO/NPO established in Nagoya to support East Africa. I have a local counter part office in Africa Kenya Kakamega Malava and do projects to make a new flow. We create micro-empowerment as an innovative project. We are projecting Global understanding education, Internship, Education, medical care support, Tomato Agriculture. The first ever synchronized activity to ever take place between Kenyan kids and Japanese kids (Daizukids) kicks off.

協力

だいずきっず、ヘルピングハンズ